So-net無料ブログ作成

その名は●星野哲郎 [the name]

images.jpg

♪あの娘がこんなになったのは あの娘ばかりの罪じゃない
 どうぞあの娘を叱らないで 女ひとりで生きてきた
 ひとにゃ話せぬキズもある
 叱らないで 叱らないで マリアさま
(「叱らないで」詞:星野哲郎、曲:小杉仁三、歌:青山ミチ、昭和43年)
 
わたしの好きな星野歌謡曲。思いつくまま順不同。
とはいっても、たくさんありすぎるので、昭和30年代40年代に絞りました。
ですから、「みだれ髪」(美空ひばり)「昔の名前で出ています」(小林旭)は別格で。

「夜がわらってる」(織井茂子)
作詞家デビューが昭和30年、この歌は33年なので比較的初期の作品。夜を生きる女の恨み節。「あたい」って一人称がいいね。Jポップじゃ聴けないよ。作曲は名コンビ船村徹

「思い出さんこんにちは」(島倉千代子)
これも33年のヒット曲。貴重なお千代さんとの作品。古賀メロディーがなつかしい。もっと泣き節をつくってほしかったけど、縁がなかったのかな。

「なみだ船」(北島三郎)
これはコロムビア時代の歌。そのあとさぶちゃんともどもクラウンへいき、「函館の女」ほかのヒット曲を量産する。この歌を初めて聴いたのは子供の頃、ラジオからでした。
♪ゴムの合羽にしみとおる っていう歌詞が脳みそにまでしみついて……。

「出世街道」(畠山みどり)
これもコロムビア時代。この前の「恋は神世の昔から」もよかったけど、詞の内容からはこちらが哲さんの真骨頂。寺山修司が好きだったようで、彼の本にしばしば出てきました。

「あんこ椿は恋の花」(都はるみ)
はるみさんのデビュー曲。彼女はわがアイドルのひとり。ほかに木の実ナナ、倍賞千恵子、本間千代子、桜町弘子それから・・・、もういいか。まだいるけど。

「自動車ショー歌」(小林旭)
クラウン移籍後、比較的初期の歌。歌詞のシャレ具合はいま聴いても。作曲は「昔の名前で出ています」叶弦大。若者よ、色恋を忘れて勉強セドリックなんて。

その叶弦大と組んで翌年つくったのが、
「純愛のブルース」(渡哲也)
昭和40年日活映画「真紅な海が呼んでるぜ」の主題歌。哲哲コンビ。
アルバム「無頼」は全曲オリジナルの哲兄ぃの台詞入りで、これが泣かせるんだ。

「いつでも君は」(水前寺清子)
当時のクラウンの2枚看板(演歌では)が北島三郎と水前寺清子。さぶちゃんもそうだが、チータも星野作品のヒット曲にことかかない。デビュー曲の「涙を抱いた渡り鳥」から「三百六十五歩のマーチ」「いっぽんどっこの歌」などなど。
でもこの歌がマイベスト。なにかのTVドラマの主題歌じゃなかったでしょうか。

「回転禁止の青春さ」(美樹克彦
目方誠のなれの……、いや成長されたお姿。当時、少し前全盛だった「青春歌謡」にも秋がきて、洋楽テイストで味付けした「リズム歌謡」なんてのが流行りました。そんな一曲。

「たそがれの銀座」(黒沢明とロス・プリモス
GS全盛の昭和43年、古木花江の別名で書いたムード歌謡の一曲。瀬川瑛子「長崎の夜はむらさき」なども古木名義の作詞。ヴォーカルの森さんも死んじゃったなぁ。

おまけはヒット曲ではないけれど「たそがれの銀座」と同じ年に出た
「叱らないで」(青山ミチ)
ダイナマイト娘、和製ブレンダ・リーがこんな曲をうたうとは……、という思いで印象に残った歌。なかなかいい曲。なにかに似てるなぁとおもって思いついたのがカマクラいやハマクラさんの「恍惚のブルース」(青江三奈)

それにしても星野さん、ごくろうさまでした。歌謡曲人生で楽しませていただいてありがとうございました。

 

(いいわけ)
パソコンがクラッシュしてしまいひでえ目に遭ってます。
これを機会にロングバケーションと思っていたのですが、またまた悲しき訃報で、偲ばずにはいられず、聴かずにはいられずノコノコ出てまいりました。

まだ回復まで完全ではないのですが、ぼちぼち復帰しようかと思っています。
そのうち、すべて復元できましたら「ととのいました」って雄叫びはあげないけど、こっそりと出てこようかと思っています。では。


nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 3

pafu

ロングバケーション反対!!
ひでぇ目に遭ったことはお気の毒ですが、何か策を講じてください。
nice!を2回押して、警告メッセージ出されちゃった。
あなたがこんなになったのは あなたばかりの罪じゃない、ロングバケーション反対です。

by pafu (2010-11-19 05:53) 

MOMO

pafuさん、お久しぶりです。

はいまったく「お気の毒」な状態になってしまいまして。
おまけに半年近くバックアップをとっていなかったもので、泣く泣くデータ復旧の業者に頼みました。

2年前にも同じことをやってまして、性懲りもないといいますか、相変わらずのダメ人間でございます。

まぁ、そんなこんなの大嵐もどうやら去りにけりで、パソコンも戻ってきましたし(なんだか別人のようによそよししい)、また青山谷中の精神でやっていこうと思っています。

心配していただきどうもありがとうございました。

今後ともよろしくお引き立てのほどを。
by MOMO (2010-11-22 21:04) 

pafu

星野哲郎先生が、あなたのパソコンクラッシュの悲報に触れ、力を与えてくださったんですね。
何か、前より、スッキリ読みやすくなっています。以前の原稿どうだったっけ、しまった、バックアップとっておけばよかった。
by pafu (2010-11-29 05:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。