So-net無料ブログ作成

その名は●忌野清志郎 [the name]

RCサクセション.jpg

♪ 授業をサボって 陽のあたる場所にいたんだよ
  寝ころんでたのさ 屋上で
  タバコの煙 とても青くて
  内ポケットにいつも トランジスタ・ラジオ
  彼女 教科書広げてるとき 
  ホットなナンバー 空に溶けてった
  Ah こんな気持 Ah うまく言えたことがない……
  ベイエリアから リバプールから
  このアンテナが キャッチしたナンバー
  彼女 教科書広げてるとき
  ホットなメッセージ 空に溶けてった
  
  授業中あくびしてたら 口がでっかくなっちまった
  居眠りばかりしてたら もう目が小さくなっちまった
  Ah こんな気持 Ah うまく言えたことがない……
  君の知らないメロディー 聴いたことのないヒット曲
  
  君の知らないメロディー 聴いたことのないヒット曲
  ……
(「トランジスタ・ラジオ」詞、曲・忌野清志郎、RCサクセション、昭和55年)

同世代の人間としてやはり寂しい。

彼の存在を知ったのはわたしが高校生の時だものね。
友人の家で何かの雑誌にRCサクセションの記事が写真入りで載っていました。ということはどう考えてもRCのレコードデビュー前?。
記憶がよじれてしまっている部分もありますが、そのバンドは三人組みで、忌野さんはウッドベースを弾いていました(そんなわけないか?)。

その三人のなかで唯一顔を記憶してしまったのが忌野清志郎さん。なぜならば、その雑誌を見た友達とそっくりだったから。

それからしばらくしてグラムというか、ビジュアル系ででて来た時は正直ビックリ。
でも歌がよかったから。「雨上がりの夜空に」「ボスしけてるぜ」もよかったけど、何といっても「トランジスタ・ラジオ」
トランジスタラジオを耳にくっ付け、電池がなくなるのを心配しながら洋楽を貪っていた中高時代がリアルに甦ってくるような詞であり、メロディーでした。一緒に片思いの娘の映像もね。もちろん聴いたのは30歳ぐらいだったけど、あの当時の気分を見事に再現させてくれた歌でした。もちろんFAVORITE SONG。

彼が引き起こしたいくつかのトラブルについては、えらそうだけど正直わかるね。やっぱり同世代の共通認識というものがあるから。もちろん計算づく。
そもそも業界からの発禁処分やパージはあったかもしれないけど刑事事件になったという話は聞かない。かなり頭のいいミュージシャンだったと思う。

忌野さんのそうした一連の発言、行動というものを通してとてもよく見えてきたものは、一見時代の最先端を行っているように見える音楽業界というのか、流行歌の世界の実態が信じられないほど保守的で権威主義的だということ。周辺のジャーナリズム(なんて書くのも恥ずかしいけど)も含めて。これは戦前からほとんど変わらない。

最近話題になった北野誠の「舌禍事件」をみればよくわかるよね。

忌野さんはそうしたものに対して居心地のわるさを感じていただろうし、「窮屈だぜ」「もっと自由を」って言い続けていたんでしょうね。

「キング・オブ・ロック」でも「反骨のロケンローラ」でもいいけど、あまり神格化したり、カリスマ化してはいけないと思うな。
多分忌野さん自身、白けてたと思う。だいたいわれわれの世代って褒められたり奉られたりするとヘソが曲がってしまう人間が多いものでして。権威にケタグリを喰らわすはずのロケンローラが、権威になることを望むはずがないしね。

でも、権威とか旧態に対して異を唱えるシンガーやソングライターは忌野さんだけじゃないですよね。そういう人がマスメディアに出続けるということはまず困難。どこかで変節を余儀なくするか(魂を売るという言い方もある)、さもなくば“別の土俵”で勝負するか。音楽活動っていうのは、イコールテレビに出ることじゃないからね。

そういう人たちが死んでからいくら“もち上げ”たって空々しいだけ。
テレビをはじめとするマスコミ全体が「わたしたちも彼の反骨精神を支持します!」と連呼するのがウソ臭い。だったら生きているうちからもっと、彼の真意を汲み取って報道しろっつうの。結婚式、葬式は視聴率が取れるっていうだけの話だろうっつうの。←言葉使いが荒すぎる。

それにしても「トランジスタ・ラジオ」いいよなぁ……。
えっ? こういう時にしか聴かないくせにって? 
………………。


nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 3

pafu

亡くなってはいけない方が亡くなりましたよね。

the nameシリーズ、良いです。
ここだけの話ですが、わたしの名前は「みちこ」ですけれど
みちこの歌って「みっちゃんみちみち…」しかないのがカナシイ。
by pafu (2009-09-22 05:13) 

MOMO

pafuさん、お久しぶりです。

忌野清志郎さんの余波はまだ続いていますね。それだけ愛すべきシンガーだったということでしょう。

へえー「みちこ」さんっていうんですか、お名前。
わたしの初恋の女の子は「道子」ちゃん、初めてキスした女の子が「美智子」さん。ほんとですよ。

ほかにも「みちこ」さんにはいろいろ思い出があります。
またブログを開くことができたら、いつか「みちこ」さんを書いてみたいです。

pafuさんは、ブログ再開したのですね。なかなかいい感じですよ。またおじゃましますので、ヨロシク。

by MOMO (2009-10-04 20:21) 

pafu

「みちこ」に縁深いMOMOさんですね。またおじゃまします。
by pafu (2009-10-05 06:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。