So-net無料ブログ作成

春の歌⑨朧月 [noisy life]

朧月.jpg
♪菜の花畠に 入り日薄れ 
 見わたす山の端 霞ふかし
 春風そよ吹く 空をみれば
 夕月かかりて におい淡し
(「朧月夜」詞:高野辰之、曲:岡野貞一、大正3年)

春の風情といえば「朧月」もそのひとつ。
かすんだような、にじんだような、ぼんやりしたような月。日本人ってあいまいなものが好きなんですね。それと太陽よりはるかに月を愛している。恩恵を受けているのは、はるかに太陽なのに。

またまた俳句ですが、「朧月」は春の季語。その代表的な歌といえば、上に詞をのせた「朧月夜」

入り日、霞、夕月、におい(あいまいな色合い)と、全体がソフトフォーカスというのでしょうか、今風にいえばユルイ風景。いいですねぇ日本の“原風景”。これもフェヴァリットソングのひとつ。

この詞も曲も美しい「朧月夜」は大正3年につくられたいわゆる「文部省唱歌」で、作詞作曲は「ふるさと」(♪うさぎ追いし かの山)でおなじみの高野辰之岡野貞一のふたり。
元来「文部省唱歌」というのは作者を公にしないという不思議な歌で、戦後もしばらくは「文部省唱歌」のクレジットのままでしたが、その後の調査でそのうちのいくつかは作者が判明。しかし、いまだ不明のままの歌も少なくないようです。

高野・岡野コンビの作とされる歌にはほかに、
♪春の小川はさらさら流る 「春の小川」
♪春が来た春が来た どこに来た 「春が来た」
♪秋の夕日に 照る山紅葉 「紅葉」
♪白地に赤く 日の丸染めて 「日の丸の旗」
など。
ちなみに「朧月夜」と「故郷」は当時小学6年の教科書に載せられました。

「朧月夜」は唱歌のなかでもいまだ多くの人が好んで口ずさむ歌のひとつで、芹洋子鮫島有美子、ボニー・ジャックス、あるいは倍賞千恵子、森繁久弥といった抒情歌を自分の得意なテリトリーとしている歌手はもちろん、それ以外でも、石川さゆり、おおたか静流、吉永小百合、石川ひとみ、さだまさし、アグネス・チャン、美輪明宏らで聴くことができます。また最近の歌手でも槇原敬之中島美嘉が自分のアルバムの1曲としてとりあげています。

もちろん、流行歌でも「おぼろ月」は3分間のストーリーを盛り上げる絶妙の背景であり、しばしば登場します。

古いところでは昭和5年の「祇園小唄」(葭町二三吉)
♪月はおぼろに 東山
作家の長田幹彦が祇園の風情を春夏秋冬にまとめています。作曲は「君恋し」「神田小唄」「笑ひ薬」などをつくった佐々紅華

戦前ではもう2曲。

♪おぼろ月夜の 窓辺に寄れば 流れくるよ ゆかしき調べ 「おぼろ月夜」ミス・コロムビア
昭和13年のモダン日本を思わせる歌。恋する乙女の胸躍る春宵がうたわれていますタンゴ調の曲は「支那の夜」竹岡信幸。作詞は「雨に咲く花」高橋掬太郎

もう1曲が霧島昇渡辺はま子がうたった「蘇州夜曲」
♪涙ぐむよな おぼろの月に 鐘がなります 寒山寺
蘇州は中国の上海に隣接する街。現在は江蘇省蘇州市。戦争の渦中(昭和16年)につくられた名曲。チャイニーズ風メロディーは服部良一。詞は西條八十

戦後になって浅草の元不良、サトウハチローが書いたのが「浅草の唄」
♪強いばかりが 男じゃないと …… あゝ浅草の おぼろ月
昭和22年封切りの映画「シミキンの浅草の坊ちゃん」でうたわれました。戦後の浅草芸人のテーマソングのように好まれた歌で、いまは亡きコメディアン関敬六も持ち歌にしていました。こういう歌を聴くとなんかホッとするんですね。

その浅草を舞台にした「朧月」の歌がもうひとつ。
♪おぼろ月でも 隅田の水に 昔ながらの 変わらぬ光 「唐獅子牡丹」高倉健
「昭和残侠伝」シリーズの主題歌。健さんがまだ30代の頃。

昭和40年に第一作「昭和残侠伝」で始まったシリーズは47年の「昭和残侠伝/破れ傘」まで8本を制作。シリーズ化が固まったのは3作目の「昭和残侠伝/唐獅子牡丹」からで、健さん扮する主人公の名前も花田秀次郎に固定されます。
ここでしばらく寄り道したい気持もありますが、先を急がねば。

ほかでは、
♪おぼろほろほろ十三夜 これが別れじゃあるまいし 「おぼろ月十三夜」榎本美佐江
芸者出身の榎本美佐江の昭和27年の作品。彼女には「恋の十三夜」、「十三夜」(戦前のリバイバル)がある。一時国鉄スワローズのエース・金田正一と結婚したが、その後離婚。平成10年74歳で永眠。

同じ27年には歌う映画スター第一号の高田浩吉「伊豆の佐太郎」が。
♪故郷見たさに 戻ってくれば 春の伊豆路は 月おぼろ
戦前から昭和30年代まで人気だった股旅物。平成の世では氷川きよしがカヴァー。

30年代になると、
♪今夜もこっそり裏山に 出てみりゃ淋しい えーおぼろ月 「逢いたいなァあの人に」島倉千代子
島のたばこ畑で娘が思うのは、東京へ出て行った幼なじみのことばかり。そんな歌。出て行くのは男、待つのは女。その反対もありました。故郷歌謡全盛の昭和32年。

もうひとつ。
♪いややいややと 泣くような おぼろ月夜の 東山 「加茂川ブルース」フランク永井
祇園町、先斗町、木屋町、花見小路と京都の町をうたいこんだ、いわゆるご当地ソング。「祇園小唄」から朧月は東山というのが定説のようです。
これは昭和43年の作品。

そして平成の世になって演歌が2曲。
♪抱いて抱かれた 二十歳の夢のあと おぼろ月夜の 夜桜お七 「夜桜お七」坂本冬美
「夜桜」に「朧月」と贅沢な春の歌。
「お七」といえば「八百屋お七」。しかし平成のお七は恋に狂って火を放つなんてことはしません。燃やしたのは己の恋心だけ。それも“類焼”しないとわかれば「さよならあんた」ときれいサッパリ。江戸娘よりはるかにクールなようで。

♪朧月夜に死にましょう 菜の花しとねに 目を閉じて 「朧月夜に死にましょう」

坂本冬美にはこんな歌もある

♪朧月夜は男に似合う 陰で泣いても顔まで見えない 「朧月夜」八代亜紀
朧月夜が似合う粋な男と女。そんな人間が昔はいたよなぁと阿久悠が嘆いています。「カサブランカ・ダンディ」(沢田研二)の演歌版?

これで今年の春の歌も無事? 終了。それを記念?してナゾナゾをひとつ。
「朧月」とかけて、
「剣道の危機一髪」と解く。
そのこころは「突きが掠(かす)める」……なんて。
オモシロくない? やっぱりね。
それなら自分で、「オボロー!」

 


nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 6

toty

春のうららの隅田川♪

「花」の3番にも朧月がでてきました。

3.錦おりなす長堤に
  くるればのぼるおぼろ月♪

昨日歌っていて、あ、これも朧月と思い、
こちらの文を思い出していました。
by toty (2009-04-12 07:59) 

≪カチューシャ≫

「朧月夜」がMOMOさんのフェイヴァリットソングとは・・意外でした!
で・・何か?といわれれば・・・・・

「ふるさと」“toty”さんの「花」「おきなわの花」「早春賦」~もちろん
「朧月夜」・・・≪カチューシャ≫で唄っています~♪

♪お言葉に甘えて≪カチューシャ≫の告知をさせていただきます♪

         ♪♪♪どうぞよろしくお願い致します♪♪♪




by ≪カチューシャ≫ (2009-04-12 22:17) 

≪カチューシャ≫

私ども東京・新宿≪カチューシャ≫では相変わらず皆で元気に唄っております。
世界の民謡、抒情歌、唱歌・・などなど皆様お馴染みの曲を食べながら
飲みながら語りながら~グラノドピアノの生演奏~をバックに
合唱しております☆

老舗≪カチューシャ≫の灯を消すなということで~
名司会者であった故木村俊明が遺していった仲間たちと一緒に
『毎月第一金曜日,月1回だけ』ですが17:00~20:30迄
広いお部屋でソファに座りゆったりと唄っております~♪
是非、大人の空間をお楽しみ下さいませ☆

≪カチューシャ・歌声喫茶≫をお心に留めていただければ
幸いでございます~

カチューシャのHPは閉鎖してしまいましたが『お客様がご自分の掲示板』に
地図など掲載してくださいました、
2009/02/02付けでかなり遡のぼりますがどうぞご覧下さいませ~☆

http://hp.jpdo.com/cgi24/19/joyful.cgi?page=50

♪♪♪どうぞよろしくお願い致します♪♪♪

(詳細はメールでお問い合わせいただければ幸いでございます)

katiucha0206☆yahoo.co.jp
音ステージ「き」歌声≪カチューシャ≫
新宿3-2-2紺野ビル2F
03-3341-1492
(毎月第一金曜日16:30~20:30通話可)
★新宿通り世界堂本店前「どうらくうどん」2F★


by ≪カチューシャ≫ (2009-04-12 22:30) 

MOMO

totyさん、いつもありがとうございます。

ありましたね、「花」。
これまたいい歌ですね。たしかにコーラスにはもってこいですよね。あのハモリはいまでも覚えています。
それに「げに一刻も千金の」なんて難しい歌詞をうたっていたんですね、小学生のわれわれは。いまのガキんちょよりよっぽどかしこかったんですかねえ……?
by MOMO (2009-04-14 22:24) 

MOMO

カチューシャさん、こんにちは。

いいですね、歌声喫茶。
丸山明日香さんの本は読みましたし、何かそれを原作とした芝居をどこかでやっているとか、やるとか。
それでも、昔のように(行ったことないのですが)毎日というようにはいかないのですね。時代ですかね。

でも逆に月一のほうが希少価値があっていいかも。毎日では飽きるかもしれないけれど、月一なら長く続けられそうな気もしますし。

機会があったらぜひ一度おじゃまして、歌声喫茶初体験してみたいものです。

これからもよろしくお願いします。


by MOMO (2009-04-14 22:30) 

カチューシャ

ご返信ありがとうございます~☆

歌声喫茶というと(良くも悪くも)なんだか・・ちょっと・・・
みたいな気分と思いますが(実はカリーナもそうでした)
≪カチューシャ≫はノーテンキというのでしょうか?
春のうららの隅田川という感じです・・・・?

「あの本」お読みになったのですか?
カリーナも読みましたけど~傑作~というか
面白く読みました。

今、外は土砂降りです、こういう時の歌を
思い出そうとしているのですが、思考回路が停止して
タイトルが出てきません(悲)

「嵐」「風」「雪は降る」「ペ(イ)チカ」・・・等思い浮かんだのですが
雨、土砂降り、豪雨、はちょっと・・・?
「雨降りお月さん」というのがありましたけれど・・・

それにしても「風」・・♪人はだれもただ一人旅に出て・・
好きな方が多いですネ。
by カチューシャ (2009-04-14 23:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。