So-net無料ブログ作成

《アマゾネス》 [deporte]

 

うーん、今日のスポーツ新聞のヘッドラインはは白鵬の横綱決定の全勝優勝か、ウォッカの牝馬として64年ぶりのダービー制覇か……。迷う所だけれど、ここは予想の外れたお馬さんの方で。

なんて言えばいいのかな。
17人の野郎どもを蹴散らした紅一点の女丈夫、いやお嬢さん。
「お嬢ちゃんは、お嬢ちゃんだけの運動会に出たら?」なんて忠告もものかは。「冗談じゃないわ」と、このお転婆娘、17人の野郎どもに混じってその実力を競った。それも、競馬界最高峰のレースで。
スタートから好位につけ、最後の直線で堂々の中央突破。2着馬に2馬身の差、というレースぶりも見事。もちろんジョッキー(四位)の腕もあるけど。

ウォッカの親父は5年前のダービー馬・タニノギムレット。今年のダービーには出走18頭中、タニノギムレット産駒が3頭もいた。これでまた種つけ料も上がるでしょう。5年間に2度もダービーオーナーになって、なおかつ種つけ料も上がる(馬主はブリーダーでもあるそうだ)なんてウラヤマシイ。

それにしても情けないのは牡馬。これでは、秋の菊花賞でヴィクトリーが勝って皐月賞に続く2冠王になっても、フサイチホウオーが勝って捲土重来を果たしても、言われちゃうよな。「なにを偉そうに……、女の子に負けたくせに」なんて。これで、今年の3歳牡馬の興味は終わったな。

牝馬戦線の方が断然面白くなってきた。ウォッカは海外遠征という話があるようだけど、まずは雪辱しなければならない相手がいるでしょ。そう、ひと月半ほど前の桜花賞で1馬身の差をつけられて2着に敗れた相手、ダイワスカーレット。三段論法でいけば、現段階の3歳チャンピオンはダイワスカーレットということに。もちろん暫定チャンピオンだけれど。スカーレットとは1勝1敗。

だから海外遠征もいいけれど、秋の秋華賞には出場してもらいたい。そして雌雄、じゃないか雌雌を決してもらいたい。ほかにお姉さんだけど強いのがいる。去年のオークス、秋華賞馬・カワカミプリンセス。この馬とも一戦交えてもらいたい。そして最後はグランプリ・有馬記念で有終の美を。牝馬の優遇措置、斤量の2キロ減なんていらないかも。こうなったら、牡馬と同斤量でやらせたいね。でないと、「やっぱり斤量の差があるからなあ」なんて負け惜しみ言うやつがいるからね。

それにしても強いよなあ。牡馬が弱いともいえるけど。でもスゴイ。でも、……もしかして。あの男勝りの馬体、あの筋肉……、史上初の“性転換馬”だったりして。なことはないか。ちなみに去勢された牡馬は馬というが、あくまで牡(オス)扱い。まあ、女だろうが男だろうが、その中間だろうが、強い者は強いんだよね。久々、“女の時代”の予感だよね。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。