So-net無料ブログ作成
検索選択

●ロシアンソング① [noisy life]

哀愁のカレリア02.jpg

昔の人間ですので、テレビをみていても、CMになるとチャンネルを変えてしまうのですが、ときたま面白いコマーシャルがあると見入ってしまうこともあります。

たとえば、ちょっと古くなりますが、……宮崎あおい(名前が出てこず、今調べました)が出演しているカウリスマキ風のシラケ鳥が飛びそうなCMだとか、石原さとみの「間接キス」のヤツとか。
ただ、どちらも何のCMなのかはいまだにわかりませんが。

最近見とれてしまったのが、しばらく前からやっていましたけど、お竜さんが出てくるCM。お竜さんといっても50歳以下の人はほとんどわからなと思いますが、往年の藤純子(ふじじゅんこ)さん。いまは藤司純子(ふじすみこ)ですか。寺島しのぶのお母さん、菊五郎の奥さんですね。
お父さんは、もう亡くなってしまいましたが、俊藤浩滋といって東映ヤクザ映画の辣腕プロデューサーで、ってもういいですかね、この話は。

とにかくそのCMが気になったのは、もちろんお竜さんが出ていたということもありましたが、バックに流れていた懐かしいミュージック。
見た人はしっているでしょうけど、それがThose were the days 。1968年のメリー・ホプキンのビッグヒット曲ですね。

これはもともとロシアの古い歌で、メリー・ホプキンの世界的ヒットで、ロシアでも再評価されたとか。

そのノスタルジックなBGMを聴いていて聴きたくなったのがロシアの歌。
ロシアの歌といえば、われわれの年代でいえばロシア民謡。

戦後、あれほどの勢いで日本を席巻した観のあったロシア民謡。
いまはどうなっているのでしょうか。
テレビでもほとんど聴こえてこないし、学校の教科書には載っているのでしょうか。

考えてみれば、ロシア民謡だけじゃない。
シャンソンだって、カントリーだって、カンツォーネだって、ラテンだって流行歌、ポップスの第一線からは完全に退いてしまっていますからね。

そんなわけで、しばらくは(たまにしか出てこないけど)「あの頃」輝いていた歌を久しぶりに聴いてみるのもいいかと。
まずは、ラシアンソングを。

はじめは、
二つのギター

ロシアでも名の知れたフォークソングですが、もともとはロマ(ジプシー)の歌だったとか。
わたしがはじめて聴いたのは、昭和でいえば40年代の前半。時はまさにエレキブーム。
そんななかで買ったレコードがフィーネーズの「哀愁のカレリア」。
そのB面だったのがこの「二つのギター」。
子どもながらに「イントロがやすっぽいなぁ」と思いつつも、そのメロディーラインはA面よりも気に入ってました。

フィーネーズは「マンチュリアン・ビート」のサウンズと同じフィンランドのバンドで、その実態はスウェーデンのザ・スプートニクスだという説もありましたが、その真偽のほどは。

いずれにせよ、スウェーデンには「ストップ・ザ・ミュージック」のレーン&リー・キングスなんてバンドもありましたし、当時の日本のエレキブームを盛り上げたのはベンチャーズだけではなく、北欧バンドも存在したということで。

この二つのギター、日本ではたしか寺内タケシが演っていたし、ヴォーカルでは小山ルミが歌っていました。


つぎは、これ。
少女ナディア(ロシアン・トゥ・ステップ)

これはずっとあとで知ったロシアのトラディショナルソング。
多くの民謡がそうであるように、この曲も本来踊りのために作られたものなのでしょうね。

ロシア風のバラライカの演奏もいいですが、YOU-TUBEにあるようなバイオリンにアコーディオンという組み合わせもいいですね。とりわけ個人的にアコーディオンはロシア民謡の印象がつよい。

なぜかというと、初めて「これがロシア民謡だよ」と教えてくれたのが小学校の音楽の先生で、昼休みには校庭で女子を集めて、自ら奏でるアコーディオンでフォークダンスを楽しんでいました。わたしは教室の窓から見ていただけでしたが。
その曲がこれ。

コロブチカ
イスラエルのマイム・マイムと並んで当時のフォークダンスの双璧だったのではないでしょうか。
ただ、当時はコロブチカなんて洒落た言い方ではなく邦訳の「行商人」っていってました。

不思議と演奏ばかりで歌は、それから20年以上を経て、ダークダックスで聴くまではなかったな。

しばらく前にボンドの演奏で耳にしたという人もいるでしょうが、もうほとんど忘れられた音。
と思っていたら、最近の若者には耳なじみがあるのだとか。
なんでも、テトリスのBGMにつかわれているのだとか。

ところで、ロシア民謡といえば「カチューシャ」が代表曲のひとつですけど、そもそもカチューシャっていうのはロシアの女性の名前ですよね。
で、あの女性の前髪につけるのもカチューシャ。AKBの歌にもありますね。
あれはなぜカチューシャというのかな。

わたしが小学生のころもカチューシャをしている子がいて、たしか「カチューシャ」って言ってました。
日本だけの名称だって聞きましたけど、いつだれが命名したの気になるな。

いましばらくラシアンソングを聴いてみたい気分なので、次回も。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。